Art Lover – ヒドゥン・スプリングスで妄想中

妄想男子、マルさんのお話を不定期に作ります

前回はこちら

Art Lover - プリズムアートスタジオでものづくり
ガラス工芸の仕事をしているマルさんです。丸メガネだから、そのまんまマルさんを呼び名にしました。 ステン...


丸メガネのマルさんです。本名もきっとまるやまくんとか、そんな感じ。もう名前は適当。

片思いの彼女、名前はキリコにしました。キリちゃん、呼びやすいかも。

(薩摩切子、江戸切子・・・まあそんなところだね、発想は。ガラスもやってるから)

キリちゃんは毎日スタジオで黙々とアクセサリー作りをしています。きっと話しかけられないほどの、すごい集中力。

おっ、きたきた、なにかはじまりそう。ガスボンベをのぞいてます。カラになったみたい ? シャカシャカふって・・・
ああもう、わかりやすい動きなんだけど、初めて見る行動なので、記念のスクリーンショットで。

ぼわっ。はい、ありがとう。

がくっ。でもいいよね、通常のプレイだと火災がこわいけど、このコンテンツは平気みたいで、ただのパフォーマンスでした。高温の作業だからね。いちいち事故ってたらプレイがすすまないもんね。

さあ、続きを作ろう。

へへっ、

彼女もちょっとマヌケっぽくて集中すると周りが見えなくなるタイプで。

夜になったので少し暗いけど、スタジオの中でステンドグラスが見える場所です。仕事を終えて、二人が降りてきました。

この雰囲気がなんとなく、結婚式の登場シーンみたい。想像しすぎかな。

マルさんは、花嫁と一緒に階段を降りて行くような気分になって、顔は冷静だけど、頭の中で妄想がはじまります。

いまここはチャペルの中。ウェディングベルが、カーン、カーンと鳴り響きます。マルさんの妄想で。

ああ、手をつなぎたい・・・

マルさんの妄想がどんどんふくれ上がり、次の瞬間、ついに暴走します。

「それでは、誓いのキスを・・・」

(ごめん、そんな気分になって、ホントに思わずやっちゃった、ブチュッ。プレイヤーの責任で)

もう、バカじゃないの ?

仕事が終わって、ただ階段を使っただけなのに、マルさんの勝手な妄想で、下に降りたとたんに襲われてます。こわいよね、こんなことされたら。

このあと彼女がどんな反応するのか、プレイヤーも期待してニヤニヤ。とろけた顔で、OK ! になればうれしいけど、

まあ、無理でしょうね。

は ・・・?

一瞬きょとんとしたあと、すぐに怒り出しました。この変態野郎 !

(怒らせたら、バーナー持ってきて焼かれそうだよ)

あ、あれ、今なにかした ?
マルさん、はやく夢からさめてください。

なんででしょうね、二人のキャラが自然に作れます。普段は自分のシムにいきなりチューとかさせないのに、ステンドグラスがきれいだったせいか、突然こんな気分になりました。ゲームだから、自由でいいんです。

頭おかしいんじゃないの ? 二度と近寄らないでっ !

とかののしられて、相当激怒させたと思う。(見てるプレイヤーは楽しい。ひひひ)

当然の結果で。

でもなんかいいかも。二人とも普通のタイプじゃないから、ちょっとくらいヘンな方が楽しい。その分、すごい作品を作ってください。

彼らの住むワールドは、ヒドゥン・スプリングスにしました。

順番が前後してしまうけど、プレイがだんだんノッてきたので、途中で正式に住居を移し、ここでしばらく生活してみます。

ヒドゥン・スプリングスは、自分が最後に購入したワールドでまだほとんど遊んでいないので、街をよく知らないんです。

彼女は別の場所で友人たちと住んでいます。 (アートラバーの他のメンバーも少しずつ移動中)

マルさんの自転車です。きっと自分でデザインして組み立てた手作り。移動はこれを使おう。

緑がきれいで、空気が新鮮。スイスイ走って、街を探索。

今度は山に登ります。このワールドも、すぐになじめそうです。

プリズムアートスタジオは山の上に。なかなかいいかも。

いいながめ。

どのワールドを仕事場にしようか考えて、モンテヴィスタが一番似合いそうだし、ツインブルックもいいかと迷いましたが、ここでもいいじゃない。落ち着いて、いろんな作品が作れそう。

高台なので、空気もひんやりして、湿度もちょうどいいかもね。だってガラス工芸の作業って、高温で見てるだけで熱そうで。

アイスクリームを食べる姿も似合ってます。

きっと、この間彼女にしでかした不可解な行動は忘れてると思う。美しいステンドグラスを作ることで頭がいっぱい。

今度はブライダルブーケ? カラーの花を描いてます。マルさんは今きっと、ライスシャワーを浴びながら、白いハトが羽ばたいてるシーンを妄想してると思う。

式場も花嫁も、「妄想の中」では決まっているのに、現実がついていけません。

突然マルさんの妄想男子的なキャラがひらめいて、話が進んでしまいましたが、他のアートメンバーも混ぜて、不定期に登場させようと思います。素敵なステンドグラスのカスタムコンテンツを見つけたので、教会も作ってあげたい。

続きはまたいつか。


◆好きなサウンドトラック◆

今日は、この曲を選んでみました。

Les Sims™ 3 OST – True Thrush (Rock de geek)

曲 : True Thrush  /  アーティスト : Dan Deacon (ダン・ディーコン)
リリース : 2012年

シムズ3 ユニバーシティライフに収録で、「Geek Rock」チャンネルです。
心地よく自然に聞き流せて、なんか好きです。

オリジナルのミュージックビデオも、不思議な楽しさがあります。なんのゲーム ? 芸術的な絵の意味が自分にはよくわからないけど、見入ってしまいます。これなんでしょうね。


Dan Deacon – True Thrush (Official Music Video)

曲が長いんですけど、後半からどんどん楽しくなって、楽しすぎて半分壊れてるようなはしゃぎ方がおもしろい。紙吹雪がいつのまにか増えて、これも意味はわからないけど、楽しそう。

このアーティストを楽しく紹介されたわかりやすい記事を見つけたので、あわせてリンクさせてください。

参考になりました。ありがとうございました。

不思議なアーティストです。ジワジワとハマりました。なんていったらいいの、またひとつ新しい世界を見つけたような気分です。

Scroll Up