龍が眠る島 08 – 出航です

最終回。

夜、停泊中の飛行船です。きれいですね。

サバイバルプレイだったはずなのに、ストーリーがぶっとんで、ファンタジーの世界に変わってしまいました。

スチームパンクのキッチンセット。こういう雰囲気も楽しいな。

「明日から船の操縦を練習するよ」

あんちゃん、ゴーグルつけて気合が入っています。もう盗賊は廃業ですね。

おっと、またドラゴンが、こそーっと出没です。にぎやかな声が聞こえるから、仲間に入りたいのかな。こんなのが外でのぞいてたらこわいけどね。

夜の方がオブジェクトが映えるので、もう一度だけ出してみました。でもこれ、遊園地のアトラクションかバルーンのようにも見える… とにかくデカい。

深夜の誰もいない道場で、マーボが修行をしています。いろんなカンフーポーズをさせてみたい。

朝になりました。

あ、しまった、反対側から海賊船を撮影すると、あるものがじゃまになって、気になります。どうしよう。

そこ、かっこわるいやろ (笑)

あとで気がついたので、しょうがない、画像加工でゴシゴシ。お店の看板はしまっておきました。 (海の色を重ねてぬりつぶせば、目の錯覚で消えたように見えます)

他の画像も少し修正して、海賊船をかっこよく。乗れないのが残念だけど、やっぱり船が見える方がいいよね。

出発前に、最後のお宝探しに行こう。島のシンボル、とんがったツノの近くまで登りました。

マーボが精神統一中。いつのまにか、”如意棒 (にょいぼう)” を持ってますけど。

たあぁーーっ !  うむ、決まった。これから武術も教えてもらおうね。

他の二人は仲良くおしゃべり。お互いのお国自慢でもしてるのかな。

あんちゃんは、ちょっとにやけ顏で、プレゼントしています。

「ドラゴンエッグだよ。どうだい、珍しいだろう」「えーこれ本物 ? ガラス工房で同じもの売ってるわよ」

「・・そ、そうなの ?」

( たぶん、ストアコンテンツのプリズムアートスタジオにあります )

はーーーっ!

マーボが主役のカンフープレイがやりたくなりました。ポーズもそろっているから、いつかじっくり披露してください。

この近くに、石があるよ。ほら、ダイアモンド見つけた !

島のあちこちに宝石や金属が落ちているので、コレクションも楽しかったです。

じゃあ最後に、記念撮影しよう。

とってもマイペース。

いろいろ新しいストーリーが作れそうなキャラたち。次はどんな旅にする?

そろそろ出発します。さようなら。

マーボは礼儀正しく忠誠心が強いキャラなので、これからもこういうポジションで。

紙テープとかあったらいいけどね。

(ところで、ちゃんと島を脱出できるのかな ? 走っても走っても、うしろから龍が島ごと後追いしてきそうな場面を想像してしまう。あったらこわい)

最初の予定からかなり脱線したプレイになりましたが、この島のサバイバル生活はこれで終了します。

またいつか、飛行船の旅の様子や、武術のシーンなど番外編で作ってみますね。


ひとりごと

ちょいキャラで作った男の子がかわいかったので、かる〜く遊ぼうと思って、気まぐれに子供ひとり世帯が作れるのかイジってみたら、出来てしまったので、そのままプレイが始まってしまいました。

はじめから単独は無理だけど、大人ひとりの世帯で生活をスタートしたあとに、こっそりCASで子供シムに変えたんです。そしたらプログラムが気づかずに、そのままずーっとプレイが続いて保存もできました。(なんて強引な…)

町の編集画面を出すと、子供だけの世帯がバレて、その場で消えてしまいます。

でもこんな無茶な方法で遊んだばっかりに、偶然だけど隕石落下に遭遇して、トラウマになったので二度と単独にはさせません、ごめんなさい (笑)

(とかいいながら、今度は子供シムだけ10人ぐらいの漂流記シリーズもいいよね、とか思い浮かべる、懲りないプレイヤー…)

では終わります

Scroll Up