龍が眠る島 07 – 空から何かが飛んできた

船がきたよーーー !

ついにお迎えがやってきました。

隕石落下を目撃した船が、その場所を目指して進んでいくうちに、龍が昇る姿に誘導されて、この島にたどり着くことができました。

おーい、こっちだよー !

(あ、その吹き出しは見せちゃだめ、バーナクルベイの海賊船のレストランってバレてしまう。がんばって海に浮かべてみました)

ようやく島から脱出できます。よかったね。

と、予定では船が見えたら、少年が手をふって、おめでとうー、でプレイを終了するつもりだったのですが・・・

船はもう一隻やってきます。また話が大きく広がります。

入江が小さいので船が中まで入れず、立ち往生しています。さあどうしよう。

と、そのとき、

反対側の空に、不思議な物体が見えました。

えっ・・・

あれは、なに ?

まさか空から船がやってくるとは・・・

飛行船が到着しました。

これ、すごくない ・・・ ?

( 違うゲームの気分になりそうですが、シムズ3のプレイです。カスタムコンテンツで区画に浮かぶ船です。これを見つけたとき感動ものでした )

そして乗っていたのは、

女性飛行士です。

船が「スチームパンク(Steampunk)」の世界なので、同じ雰囲気のキャラにして。ストーリーのイメージがまた大きく変わります。

(最初の “サバイバル生活” から、もはや脱線しています)

いろんな世界が混ざりすぎですけど。もういいよね、なんでもありで。

ストーリーはほとんどラストになりますが、最後に飛行船とスチームパンクの世界を楽しもうと思います。

海賊船と飛行船は、競い合ってこの島を探していました。少年がSOSを発信した日からレースがはじまり、島の中まで入った方が勝ちということで、飛行船の勝利です。

さあ、どっちに乗りたい ?

そりゃ飛行船に乗りたいけど、どうすれば・・・

ほいっ

と、突然龍があらわれて、二人をつまんで船に乗せてくれました。そうくるか(笑)

この組み合わせ、全然イメージが合わないけど、龍の島が舞台だから、主がもう一度出演したかったようです。意外と出たがりの龍神さん。

本当は、少年が龍の背中にのって空を舞うシーンを作ってみたいけど、この龍の大きさが半端なくでかいので、OMSP で動かすのは無理かな。合成すればよかったかも。

こういうの、やりたいよね(笑)  別の機会にチャレンジしよう

迫力あるカスタムコンテンツでした。龍の姿はここまでにします。

海賊船が下の方に。飛行船からは遠くの海まで見渡せます。

まさかこんな展開になるとはね。可愛い女の子まで登場しちゃって。このストーリーどうなってるの ?

彼女も、お宝探しで世界のあちこちを飛行船で旅しているプロフィールにします。この島のうわさは知っていたけど、なかなかたどり着けず、近くを周遊していたところ、隕石落下の直後から船がなにかの強い力でひっぱられるように、島へ向かって進み出し、島を発見できました。

船の素材の金属と島に眠っているレアメタルが反応して、引き寄せあったのかもしれません。

でもホントはね、

この島が動いていたんです。そのことに気づいた人はまだ誰もいません。龍の気まぐれで、海をお散歩するたびに時々島の位置が変わります。

一度島をでたら、次はもう発見できないでしょう。

お宝の情報交換をしている様子。

明日、レアメタルをとりだして、出発しよう。たくさん掘り出すと龍が怒るから、少しだけ。場所はあんちゃんが案内してくれます。
ドラゴンエッグは、価値がなくなってただのガラス細工になったけど、飾り物でお土産にどう ?

船の作りがすごくて、ゆっくり撮影したいけど、複雑なコンテンツで高い場所なので、画面がグラグラ動いて固定できず、プレイは少々やりづらいです。

船内を見学しています。

全部はそろっていないけど、たまたまストアコンテンツでスチームパンクの小物セットを持っていたので、オブジェクトが大活躍です。自分ではこんな雰囲気の部屋は作れないなあ。

「あのう、まだ仲間がいるんですけど、連れてきていいですか ?」

今夜はここで眠って、明日には出発します。まだ外には、マーボくんたちがいます。

マーボは自分の立場をわかって、この島に残るつもりでいたんだけど、

他の二人は、速攻で上がってきました。ノームは瞬間移動できるもんね。

「あらあ、可愛い人形たち ! 一緒に旅する ?」

ハラオ
ぼ、ぼくハラオ、はじめまして。一応エジプトでは顔が知れてるんですけど…
レオレオン
わたくし、レオン。本国に戻れば有名人でありますよ。ところでおねえさん、独身?  
マーボ
おめぇら、立場をわきまえろ !

これなんだろう・・・

テーブルに、魔法のランプが置いてありました。それ、おねえさんのランプだから勝手にさわっちゃだめだよ。

でも好奇心強いから、やっぱりさわりたくなっちゃうよね。ゴシゴシ、こすったら何かでてくるかなあ。

すぐに反応しました。これ、本物だったよ!

「呼ばれて飛び出てジャジャジャ・・・ あれっ、子供 ?  いつものご主人様はどこに行かれたのかな」

ランプの精霊、ジニーが出てきました。ちょっともう、この船の中、定員オーバーなのにキャラが増えすぎて大混雑です。

(でもランプはうれしいかも。島の霊廟でなかなか発見できなかったので、この飛行船に最初から入っていて、お得な気分でした)

食事係と掃除と、気球の燃料を燃やす仕事で、飛行船の旅を手助けしています。

「こらっ、勝手に呼び出しちゃだめよー。いま休憩中なんだから」

怒られちゃったけど、明日からボクもお手伝いするね。一緒に旅に連れてって欲しいから。

こっちの雰囲気の方が、少年のイメージにぴったりなので、このまま新シリーズをはじめてもいいですね。

あんちゃんがぼうしを脱いだら、こんなかんじです。ボサボサ。

彼女の姿をじーっと見つめています。いいね、その視線。このシチュエーションで、好きにならないはずはない。

飛行船で旅をするくらいだから、気が強くてちょっと変わり者で、勇ましい女性飛行士です。

いえ、出航したらこのストーリーはいったん終了します。ちょっと話が広がりすぎたので、キャスティングをやりなおそう。

たぶん、次を最終回にする予定。


◆飛行船
Gilded Flying Steampunk Airship / created by exdemon1120 (The Sims3 EXCHANGE)

ストアコンテンツの「steampunk」シリーズがそろっていた方がきれいです。自分は全部持っていなくて望遠鏡は別のオブジェクトなので、今度追加しよう。

この飛行船は住居タイプの区画で、地上から上の方に組み立てられています。瞬間移動装置? (電話ボックスから移動できるアレ) を使って地下室から空の船に登れる仕組みになっています。(自分は面倒なのでチートのテレポートで移動しました)

※画像の中で、飛行船が海の上を飛んでいるのは合成です。海賊船も、ちょっと画像加工して見た目をきれいにしています。


つづきはこちら

龍が眠る島 08 - 出航です
最終回。 夜、停泊中の飛行船です。きれいですね。 サバイバルプレイだったはずなのに、ストーリーがぶっとん...
Scroll Up