龍が眠る島 02 – できないことができた

キッズサバイバルの生活です。

ヘビと遊んでいます。見てる方がこわい。

トカゲやカメや、小動物はあちこちで発見できます。

めずらしいきのこも。

野生動物とのふれあいも体験しています。ふだんは邪魔で出没させないようにしているアライグマも、毎日のようにフリーウィルで楽しく遊んでいました。

シカも間近で見られます。

ほぼ無人の生活をしていると、動物のお客さんもうれしい。

そうそう。柵をしないと、ガーデンが荒らされちゃうからね。

トイレも工夫しています。こんな感じでアウトドア風に。

(笑)

島のガーデンには、ザクロや炎の果実、生命の果実もあって最初はめずらしかったけど、毎日だとベジタリアン生活にも飽きました。

あまり仲良くしたくない盗賊のあんちゃんだけど、頼みたいことがあります。ちょっと助けてあげて。

「あのお、何か食べ物をわけてもらえませんか ?」

マスコンで「たかり屋」の特質を追加しました。生きていくために、仕方ないんです。なにか他のものが食べたくて。

「ほれよ。あとでお前のお宝と交換だぜ」

と、食料をわけてもらいました。ゲームなのに「食べ物に飢えそう」な気分だったので、ちょっとうれしかったです。

「オレのとっておきの保存食をわけてやるぞ。お前、サッポーロって知ってるか ? 」

サッポーロ、おいしい !

しみじみ味わいましたよ。でも、まともな食べ物はこれ一回きりでした。

アウトドアを楽しみます。

ん、カンガルー ?

ここ、オーストラリア ?

(シカです)

ノームも食べたそうです。普段はじゃまな人形なのに、ここでは可愛く見えます。

盗賊は、最初のうちはすぐ会えましたが、途中からなかなか会えない日が続いたので、ちょっと心配になりました。

やっと会えても、もらった食料がジュースだけ。これはがっかり。

我慢できなくなったので、小さな冷蔵庫を置きました。
でも、ヨーグルトやシリアルや簡単なものしか出せないから、これもすぐ飽きてしまいます。

サンセットバレーや他のワールドだったら、公園に行けば誰かがグリルでジュージューやってくれるのになあ。ホットドッグが食べたくてしょうがない (涙)

青い鳥です。カゴは置かないので、そのうち逃げるかもしれないけど、しばらく遊び相手になってくれます。

いつ迎えにきてくれるのかなあ・・・

海を見つめています。

この島は地図にないミステリーアイランドで、発見が遅れていることにしよう。ドラゴンのツノが磁界を発生して計器を狂わせ、船が近づいてもいつのまにか別の方角に進んでしまう不思議な海域、という島のプロフィールで。

紅葉がはじまりました。

湖です。水の色がきれい。

ゲロゲロッ、へんなもの釣っちゃったよー、これ気持ち悪い。

秋になると、ちょっと不安な気持ちになってきました。

どうやって冬を乗り越えよう…

いまのうちにたくさん収穫しないと、寒くなって凍結したら、食べ物がなくなってしまいます。焦りました。

初雪です。

寒いから、テントで寝るのが不安です。

もうひとつ問題があって、しょっちゅうモンスターが出てくるようです。(テントでも出るって困るな)  毎日確かめては、驚いて逃げだすので、テントに戻れず寝袋で寝てました。

でもそんなことしてたら、寒い夜は凍えてしまいます。どうしよう。

イグルーがありました !  これなら夜も安心して眠れそう。

家を建てなくても、サバイバル生活が続けられるかも。楽しくなってきました。

そして、特別に追加させてください。子供が火を使える MOD を入れました。

これ、初めてです。ホント、うれしい…
火のありがたさを痛感しました。これであったかいものが食べられる !

この景色いいな。

おいしくて、ガツガツ食べました。

炎の果実と生命の果実のスペシャルな串焼きも。元気がでて体が芯から温まりそう。

魚が食べられるようになったので、うれしくてジャンジャン釣っています。

ドラゴンフィッシュが釣れるまで、スキルアップがんばろう。

元気に冬が越せそうです。


つづきはこちら

龍が眠る島 03 - バーベキューしよう
「Sleeping Dragon」という名前の未知の島で、冬を過ごしています。 まるで「白竜」が眠っているような姿。 ...
Scroll Up