龍が眠る島 01 – シムキッズ・サバイバルやってみます

龍が眠っているような形の島、「Sleeping Dragon」です。

カスタムワールドのこの島で、サバイバルキッズプレイをはじめます。

少年ひとりで。

やるなら徹底して、ホントにひとりにさせちゃいました (笑)
持ち物なし、所持金なし、保護者なし。

プレイに集中したくて、無理やり子供ひとり世帯の環境を作ってます。

とは言っても、過酷なプレイにはしません。困ったら助けます。でも基本はチートを使わず、限られた動作の中で、どのくらい自活できるのか観察してみます。

(マスコンや MOD は下準備でいろいろ使用しています)

グリルを置いてみたけど、子供シムは火を使えないので料理は無理ですね。さあどうしましょう。

この島は無人島です。道路はありません。なのでずっと裸足の生活。この開放感が気持ちいい〜

無人だけど未開拓ではないので、人が住んでいた形跡がある島です。小さなガーデンと、無人のカフェがあります。

(本当は売店だったけど、レジ係は不要なので消しました)

フルーツや野菜を収穫して、食料にします。

釣りは出来るけど、魚があっても料理ができないし。この島には冷蔵庫もないので、これからどうやって食べ物を手に入れるか考えます。

敷地内に、めずらしいノームがいました。さっそくお宝発見です。

このワールドはオリエンタルな島で、ワールドアドベンチャーズの要素が少しだけ入っています。冒険プレイにはいいかも。

隠れた入り口があって、仕掛けを見つければ地下に進めます。

奥には隠し部屋があるんだけど、子供は仕掛けを使えず、突破できませんでした。

あとでもう一度トライしてみます。

あちこちで魚釣りができます。

果実を植えて、自給自足で。

すぐお腹がすくけど、ガーデンでたくさんフルーツを採ってきたので、モグモグ。

霊廟でお宝探しを日課にします。魔法のランプは手に入るかな。なにか大物がでるまで目標にしてみます。

でも、なかなかムズカシイ。今日は失敗。

遠くにみえるとんがった山が、ドラゴンのツノになるようです。

この池に死の魚がいるはずだけど、夜は子供の外出ができないから釣るのは無理かなあ、と思っていたら、

まぼろしの魚がいました !  ドラゴンフィッシュを発見。わわ、うれしいかも。

ワールドアドベンチャーの珍しい魚ですね。中国の「シャン・シムラ」まで行かなくても、このカスタムワールドで釣れるとわかって、ワクワクしてきました。

この魚を釣ることを目標のひとつにします。

船が難破してたったひとり漂着した男の子、というありふれたプロフィールにしています。
でも壊れかけた無線機で SOSが発信できたので、いつか必ず迎えにきてくれます。

それまで、サバイバルな生活を楽しみます。

ところが漂着から2日目、泥棒があらわれました。ちょっともう! 気分が台無しです。腹たつわー

子供シムは警察に通報ができないので、ただオロオロするだけ。

でもいいこと考えました。本当に無人島でひとりぼっちだと、あまりにもさびしくてプレイヤーが挫折してしまうので、こうします。

泥棒は、お宝探しでこの島に住み着いた流れ者ということにしよう。仲間割れで置き去りにされ、船がないので仕方なく住んでいるというプロフィールにして。

ということで、世帯には入れないけど、たまに現れて話し相手になってもらいます。
たとえ性格が悪い泥棒でも、他に誰かがいると、気分が違います。

花を摘んだり小動物を捕まえて換金すればお金はすぐたまるので、少しずつ必要なものをそろえていきます。

そのかわり、ポストやゴミ箱はチートで消しちゃった (笑) 別にいらないし。見た目重視で。無人島だし。

ポストを消してしまうなんて大胆すぎるけど、いいんです。税金こないし。 (消しても再起動すれば復活します)

数日は寝袋で過ごしていたけど、テントにかえました。
泥棒から物々交換してもらったことにしよう。

シャワーはこんなかんじ。でもやっぱ、見えるの恥ずかしいね。

これならいいでしょ。

冒険好きな、たくましい男の子です。

つづきます


◆カスタムワールド

Sleeping Dragon (Sims3 Exchange) / created by tea_and_blues

この島は、昔遊んだことがあって、2回目のプレイになります。

前回はシーズンズもワールドアドベンチャーズも持っていない頃のプレイでデフォルトのシンプルな島だったけど、その時の景色もよかったです。

☆別サイトですが、過去のプレイ記録は こちら


つづきはこちら

龍が眠る島 02 - できないことができた
キッズサバイバルの生活です。 ヘビと遊んでいます。見てる方がこわい。 トカゲやカメや、小動物はあちこちで発見できます。 ...

Scroll Up