Sims3 Story : チェルシー 07

(2015年12月頃のプレイ記録を、古いサイトから移設しました)

前回はこちら

Sims3 Story : チェルシー 06
初めての失恋。バイオリンを弾いて心を慰めます。弾いている時は自分の世界。白い景色と一緒に... 旅人が現れました。彼は弓矢の名人です。新しい恋の予感。


彼からアーチェリーを教えてもらい、チェルシーも上達しました。

お礼にバイオリンの演奏を一曲。
彼の馬がケガをして療養中の間、チェルシーの馬を貸してあげたことにしよう。

しばらく彼はここに滞在することになりました。ちゃんちゃん (笑)

彼の黒い馬です。速そうだな。

しばらくは「お客」の立場で一緒に過ごしていることにしよう。

彼の馬が元気になったので、一緒に走ってみました。

なんだかここから新しいお話がはじまりそうな雰囲気ですが、エンディングに向かっています。

距離を保ちながら一緒に走るって最初は難しかったけど、慣れるとうまく走ってくれました。

またシムズから離れて違う世界にきたような気分になります。

気持ちのいい海岸です。何度かこの道を往復したけど、いい場所でした。

馬たちの表情も可愛い。チェルシーの馬も、彼の顔を見て一緒に会話しているようです。

夕日にあわせて、影がどんどん長く伸びていくのがリアルです。

日没のひとときをみんなで過ごしました。

( またプレイに酔いしれてます )

ゆっくり帰ろう。

チェルシーが描いた絵が、なんとなくだけど村の雰囲気に似ていたので、記念に。

旅人がそのまま恋人になる、ありふれた展開で。

なかよしこよし。次にみた時は仔馬が増えてるかも。

めでたしめでたし ( はやすぎ )

まあ、そういうことで。チェルシーにも恋人ができたので安心して幕をおろせます。

中世のイメージにあうオブジェクトをあまり持っていないので、無理して飾らずにシンプルだったけど、石壁が落ち着きました。

ストーリーを作るとしたら、やっぱり旅人がドラゴンと戦って村を救うという展開でしょうか。そんな話は無理だな (笑) 想像だけにします。

戦いが終わって村に平和が戻り、恋人と再会するシーン、という気分で。

喜びの演奏です。

見つめる顔がいいな。

この灯台、なにか起こりそうな気配で存在感がありました。黒いドラゴンがいっせいに飛び出してくるとか (想像で )。 村のシンボルタワーです。

最後は映画のラストシーン気取りで。

バイオリンのメロディを聴きながらエンディングです。

ドラゴンバレーはこれで終了です。

Scroll Up