Sims3 Story : チェルシー 06

(2015年12月頃のプレイ記録を、古いサイトから移設しました)

前回はこちら

Sims3 Story : チェルシー 05
奥さんの愛はそうとう強かったようで、負けました... 失恋した時は遠くに行って。真っ白な世界に飛び込んでみよう。最果ての地まで。彼との恋愛は自分から終了です。

海にきました。この後ろ姿、なんか可愛らしい。ぴょーんと飛んでるみたい。

元気そうにみえるけど、全然だめなのよ。初めての失恋にまだ落ち込んでます。

チェルシーには音楽があるじゃない。バイオリンを弾いて心を慰めています。

弾いている時は自分の世界。

初めての失恋。バイオリンを弾いて心を慰めます。弾いている時は自分の世界。白い景色と一緒に… 旅人が現れました。彼は弓矢の名人です。新しい恋の予感。。この場面はお気に入りの瞬間です。

無心になってバイオリンを弾き続けます。

イマココ

ショーンは素敵なシムだったけど、今回はご縁がなかったということで。

アバとショーンの二人のカップルが気に入ったので、きっと次もドラゴンバレーで遊ぶ時は、ちょっかいだすと思うのでよろしくね。

チェルシーも元気を取り戻しました。

もう少しあちこち探索してみます。

今日は海と反対側の山の頂上にきてみました。

また景色にみとれてたら、すぐに夕焼けです。薄暗いけど、日の落ち方が自然でいい感じです。

チェルシーもこっちにきてごらん。 (いまこの場所にはカメラだけ)

急に呼ばれたチェルシーと馬が、必死で急斜面をかけあがってきています。

馬の走り方がきれいで、迫力ありました。

イマココ

もう解説はいいって (笑)

来た来た、日没に間に合ったねー

星がすごくきれいでしたよ。

本当はこの辺でストーリーをフェードアウトするつもりでした。

街の様子がわかって楽しかったし、トライアルプレイだからそろそろ引き上げよう。

と思ったけど、チェルシーのキャラが可愛いかったので、恋人も作ってあげたくなり、

どうも〜 。突然のお相手役が登場です。

ドラゴンバレーに到着したのが夜だから、暗くてよく見えない。明日チェルシーの家にきてください。

突然ですが、ついでにもう一名作りました。わわ、これはキョーレツ !

私もアバターしてみたかったんです。どこかで登場して欲しいけど彼女はまたいつか。

今回はお披露目だけ。

朝です。今日はアーチェリーをやってみました。

そこにひょっこり、男が現れました。

旅の途中で馬がケガをしてしまったから、しばらく休ませてくれないか。なんてシチュエーションでいきましょうか。

ここで二人は見つめ合って、ドキン な展開

彼は弓矢の名人で、これから試合にいくところでした。

( あれ、どんどんストーリーが作れるぞ )

雰囲気を盛り上げるため、庭にアーチェリーを置いたらいい感じです。

即席で作った男ですが、いかがでしょうか。

なにかのテレビアニメみたい。やばい、そろそろストーリーを終わらせようと思ってるのに、第二幕がはじまりそう。

続きます 次回がラストページです

つづきはこちら

Sims3 Story : チェルシー 07
(2015年12月頃のプレイ記録を、古いサイトから移設しました) 前回はこちら 彼からアーチェリーを教えてもらい...
Scroll Up