Sims3 : ドンのうふふ旅行、その9 (1) – ミッドナイト・ホロウ(前)編

ドン・ロサーリオがウフフを求めて、あちこちのワールドで好き放題。ミッドナイト・ホロウでは、拒否られると燃えてしまい、結婚詐欺すれすれの非常識プレイになりました。

おもしろかったので長丁場になり、前編・中編・後編の3回にわけて、ドンのゲスっぷりをまとめます。

ミッドナイト・ホロウは暗い・・・

そして、不思議なシムたち・・・

個性的で、ファッションも独特だし、

今回のドンさんは、こんな雰囲気でいかがでしょう。

このシムかっこいいな。アジア系が多いのかな、 Young Jae Sung  (読み方わかんない、ヤン ジェ サン ? )

すぐに登場しました、お人形のような可愛いカラ・カーターちゃん。

人気度が高そうなシムはやめとこうと思いつつ、カラのアピールがすごいんです。

毎日のようにウロウロ姿を見せて「ねぇ〜、私のこと好き ?」

そしてドンが油断したすきに、ブチュッ !! ♡ とされました。

参った〜そういう性格だったんですね。「非常識」の特質かな、予定外にハートがついちゃった。彼女のわがままに振り回されてるようで、楽しい。

でもドンさんのお好みはやっぱり・・・

ですよね、オリーブ・スペクターさん。

たぶん、今まで出会ったシムの中で、一番夢中になったかも。

もっとミステリアスなシムかと思っていたけど、間近でみると、不思議な魅力で、惹きつけられます。

夢中でアタックしています。

ミッドナイト・ホロウの街はうす暗くてプレイがしづらいし、この世界観になじめず、ほとんど知らなかったんですが、

あらためて遊びにくると、不思議なこといっぱいですね。

この赤い土はなに ?  怖いんですけど …

モノトーンの世界だから、なんだかね…

(と、最初は思っていたのに、慣れるとこの場所も楽しくなっていきます)

どこでどうやってウフフを決行しようか、考えた結果が、ここ。

墓地のそばってどう ?

もうみんな、不思議すぎ…

いひひ、

テント設置して、準備 OK 〜

ムード満点でしょ。ミッドナイトホロウにぴったりの一枚が撮れそう。

オリーブに夢中です。

彼女のプロフィールやトリビアが興味深くて、英語版の Sims3 wiki  にいろいろ書いてたけど、有名人と思うので、細かいことはカットして。

年上なのに可愛いような、気品を感じるような。

髪の色、肌の色、

・・・遺伝子、欲しい・・・・笑

オネガイ

オリーブのイメージに似合うよう、墓地でデートして、

テントに誘って、目標達成〜

・・・と思ったけど、あれ ?   いま、成功したの ? 反応がいまいち。声は盛り上がってたんだけど、ハートが見えず。でも一応決行できたので、カウントしていいかな。

なんか不完全燃焼…

オリーブが忘れられない。

限られた時間で、ひとつのワールドで異なるウフフを達成するのが今回のプレイの目的だったけど、

任務完了したら、次のワールドにすぐ移動したいのに、こんなんじゃモヤモヤが消えないよ、

ねえ〜もっと自由に遊ぼうよ〜 !

(なにかがパーンとはじけました ←暴走プレイのはじまり)

そんな時に、またカラちゃんから熱烈アプローチが。

すでにチュウをした仲なので、なんだかムラムラしてきたぞ。

もうルール忘れて、カラにも手をつけていい ?   ファンが多そうだから、怒られるかなあ、でもメイクラブしたい〜

だって主役はドン・ロサーリオですから。

イメージがひらめいたので、ジプシーワゴンを置きました。

このシチュエーション、いいかも。

ほらっ、お人形みたいな彼女に、雰囲気ぴったり。ここでならラブラブいいでしょ。

もうテンション上がってきました。

ねえ、中にはいろうよ・・・

ところが、「いやっ ! 」 と、まさかの拒絶。
あれ、なんで ?  直前までずっとイチャイチャしてたのに。

おかしいな、なんでイヤなの ?  (そりゃ、いきなりはイヤでしょうけど… )

そのあと何度アタックしても NG でした。

拒否られると、意地になって、どうしても連れ込みたくなります。

こうなったら絶対赤ちゃんトライで決行してやるぞと、執念を燃やし始めました www

この時点で、プレイがかなりやばい方向に進んでいます。

中編に続きます。

つづきはこちら

Sims3 : ドンのうふふ旅行、その9 (2)  - ミッドナイト・ホロウ(中)編
ドン・ロサーリオがミッドナイトホロウで、ウフフに執念を燃やします。ドン様の辞書に拒否はなし。 前回はこちら カラ・カーターか...


★見ていただきありがとうございました ! 拍手・コメント・メッセージをお待ちしています ! ご質問やいろんなリクエストも歓迎です。これからも遊びに来てください★ feebeelay より

Scroll Up